登山のギモン

登山に関する道具、山ごはん、テクニック、登山ルートなどを紹介していきます。

火打山

火打山 笹ヶ峰~山頂

HIUCHIYAMA

 

 所在:妙高市糸魚川市

 標高:2461.8m 

難易度:★★★☆☆

見晴し:★★★★★

駐車場:あり

トイレ:あり(登山口近く)

山小屋:あり

 水場:あり

登山口住所:妙高市

登り:300分(5時間)

下り:240分(4時間)

コースタイム:笹ヶ峰登山口

       ↓ 40分     

       黒沢橋

       ↓ 30分

       十二曲がり

       ↓ 60分

       富士見平

       ↓ 50分

       高野池ヒュッテ

       ↓ 15分

       天狗の庭

       ↓ 35分

       ライチョウ

       ↓ 40分

       火打山山頂

 

火打山火打山バード

画像クリックで拡大

登山口までの行き方はページ最下部

 

妙高連峰にある火打山。高野池や天狗の庭などの湿地帯があり、山頂付近にはライチョウも生息している。


DSC05727_R.jpgDSC05728_R.jpg

笹ヶ峰の駐車場。20台ほど停められる。すぐ隣にキャンプ場の駐車場があり、そこには100台ほど停められそう。トイレもそこにあり。

 

DSC05729_R_20130912003656f85.jpg

登山口。駐車場のすぐそばにある。

 

DSC05731_R.jpgDSC05732_R.jpg

登山口にあるマップ。ルートをしっかり確認してから出発。

 

DSC05738_R.jpgDSC05832_R.jpg

橋を渡り、初めは傾らかな道が続く。

 

DSC05746_R.jpgDSC05748_R.jpg

40分ほどで黒沢橋に到着。ここで水を補給できる。

 

DSC05752_R.jpg

黒沢橋の横にある天然のベンチ。雪の重みでこのように曲がったようだ。

 

DSC05757_R.jpgDSC05758_R.jpg

黒沢橋から10分ほど歩くと十二曲がりと呼ばれるヘアピン状に道が12回曲がりくねった道を進む。このあたりは少しきつい。

 

DSC05759_R.jpg

十二曲がり終了。ここで一息。

 

DSC05762_R.jpg

この先も上りが続く。岩場もある。

 

DSC05765_R_201309120044265af.jpg

十二曲がりから1時間ほどで富士見平に到着。山頂への最短コースは左側。右側へ行って黒沢池を経由して山頂に向かうこともできる。

 

DSC05768_R.jpg

ここからだんだんと見晴らしが良くなってくる。高野池ヒュッテまでは傾らかな道が続く。

 

DSC05771_R.jpgDSC05772_R.jpg

左手に高野池ヒュッテが見えてきた。続いて山頂も見えてくる。

 

DSC05774_R.jpgDSC05775_R.jpg

高野池ヒュッテに到着。このときは工事中でした。

 

DSC05778_R.jpg

高野池ヒュッテの横にあるベンチ。

 

DSC05783_R.jpg

高野池ヒュッテは黒沢池から来る道の合流点でもある。

 

DSC05796_R.jpg

山頂を目の前に見ながら進む。

 

DSC05802_R.jpgDSC05804_R.jpg

天狗の庭に到着。湿地帯が広がっており尾瀬のような雰囲気。山頂をバックに見られるので美しい。

 

DSC05812_R.jpg

ここからはきつめの道が続く。ものすごい急登というわけではないがここまでの道が長かった分きつい。

 

DSC05815_R.jpg

振り返れば天狗の庭。

 

DSC05816_R.jpgDSC05818_R.jpg

藪っぽい道を抜けてライチョウ平に到着。広いスペースがある。ここから山頂までもうひと登りある。

 

DSC05821_R.jpgDSC05823_R.jpg

最後の登り。もう少し。

 

DSC05824_R.jpg

山頂が見えてきた。

 

DSC05826_R.jpgDSC05825_R.jpg

DSC05827_R.jpgDSC05830_R.jpg

山頂に到着。この日の山頂はガスがかかっていて何も見えなかった。

 

写真撮影日 2013.9.9


登山口近くのオススメ温泉

苗名の湯

露天風呂もなく広くはないが湯の温度が熱めでとても良かった。

 

  

登山口までの行き方

powered by 地図Z